ドラム楽譜

■ ドラム楽譜 ■

先日演奏会にて和太鼓的な音で合奏をいたしました。
以前からドラム用の楽譜の書き方は質問をいただいたりしておりましたので、
さっくりまとめ。

AAのドラムは持ち歩きの楽器ではなく家具として設置し、
通常の演奏用楽譜でも演奏は出来ますが聞こえるのは何じゃこれな音だと思います。
通常の楽譜ではドレミ(cde)で音階になりますが、それをドラムで演奏すると
指定された楽器がなるためメロディにはなりにくい、元の曲がなんだかわからなくなる。

それはなぜか?

無題99.png

上記画像を見ていただくとお分かりになるかと思いますが、
オクターブとドレミ音階でそれぞれ鳴る音が指定されているのです。
AA内 白紙の楽譜の作曲タブのドラムの説明に記されていない音指定がいっぱいあります。


通常のドラムとしてのコードの書き方は
例)o3t140l16bb8.bb8.bb8.brl8o4f+ro3f+ro4f+ro3ero4f+ro3f+ro4f+ro3ero4f+ro3f+ro4f+ro3e

コピーしてドラムに座って視聴してみて下さい。
タンバリンとドラム太鼓の音が聞こえるはずです。
(例題のドラムコードがあまりいいものがなくて、参考にならなかったらすみません;;)

ちなみに、炭坑節で使った和太鼓的なのは o7d+ オープンスルドを使用しました。
スルドはブラジルの打楽器だそうです。割と和太鼓に音が似てましたね。