第二回芸術 懇談会用 基本編②

AA用 MMLコード注意点

・,(カンマ)で区切って和音演奏ができますが、T(テンポ)V(ボリューム)L(音の長さ)など
カンマの前に指定があるものは、カンマの後ろでもすべて影響を受けます。
  例 : T92 V80 L4 CDEFG , GFEDC , RCDER

ピンクの部分を変えると水色の部分すべて影響されます。


  例2 :T100 L4 O5 CDEFEDC2EFGAGFE2CRCRCRCR L8 CCDDEEFFE4D4C2,
      O4 L4 G2G2GGG2G2A2GGG2GRGRARARG1GGG2,
      O4 L4 C2C2CC-C2C2C2CC-C2CRCRCRCRC1CC-C2


,(カンマ)の後など指定し忘れがちになりやすいので注意。


----------------------------------------------------------------------------------
Lのまとめ方

E16E16E16E16 D16D16D16D16 
例えばこんな音が続いていたとき 16をいっぱい書くのは面倒だし、
文字数がいたずらに増えてしまいます。

こんな時は、L記号を使ってまとめてしまいます。
L記号を使うと、こうなります。

→ L16 EEEE DDDD

上のMMLの中で、一番最後の音だけ二分音符にしたいときは、
「L16EEEE DDDD2
とすればOKです。



     



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434071876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック