第五回芸術 懇談会用 三連符・装飾音

■ 三連符 ■


無題53.png


三連符の書き方です。
三連符とは一拍に3つ音が入ることです。

書き方としては二通りあります。

● 簡単な置き換え

四分音符の三連符 → C6C6C6
八分音符の三連符 → C12C12C12 
十六分音符の三連符 → C24C24C24

全体としての数だけをあわせていくやり方。

メリット  : 置き換えるだけでよい事
デメリット : ミリ秒単位でズレることがある


● 1.5倍法

T120 C12C12C12 → T180 C8C8C8
T120 g24g24g24 → T180 C16C16C16

というように、テンポを1.5倍にすることにより、音符の長さをあわせるやり方

メリット  ; 正確である事。
デメリット : 全てのパートでテンポが変わってしまうため、調節が面倒である事。
        文字数を余計に使う事。



簡単置き換えで音ズレが発生する条件がいまいちはっきりしないため、
一度置き換えでMMLを書いてみて音ズレが発生した場合
1.5倍に書き直すのも手だと思います。


ちなみに五連符 → C20C20C20C20C19
    七連符 → C28C27C27C27C27C27C28

どのように並べるかは聴いた時の好みでいいかと思います。
※ 五連符や七連符は数字的に割り切れず、1.5倍法のようなものがありません。

----------------------------------------------------------------------------------

■ そのほかの装飾音の紹介 ■

無題43.png

以下コードの書き方の一例※あくまで一例です。
① L32>CDC8.
② L32>CDCDC8
③ L32>CC-C8.
④ L32>DCC-C8&C
⑤ L32>C8DCC-C
⑥ L32>C-CDC8&C
⑦ L32>CDCDCDCDCDCDCDCD
⑧ L32>DCDCDCDCDCDCDCDC

無題44.png

⑨ L16R>D4.&D , L32<EG4.&G16.
⑩ L2>C , L32<RGE4.&E16

※注 <はブログの仕様上 全角で記載しています。 コピーの際は半角に直して下さい。
※楽譜内で3和音しか使えないためアルペッジョのみ書いてしまうと
その他で音が使えなくなるので2和音で無理やりそれっぽく聞こえるように
書いています。これが正しいというものではありません。



無題45.png

⑪ L2>F4E8D8
⑫ L32>FE8.&ED4

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック