第六回芸術 懇談会用 音の重なり

■ 音の重なり ■

・作曲上の注意というか、これもよく質問受ける内容で
何と呼んだらいいのかわからないので「 音の重なり 」と呼んでいますが
厳密にいうと隣り合わせの音。

無題47.png


L4O6AEDG , L4O6ECC-E


紹介したツール画面だとこんな感じ。

無題48.png

,(カンマ)で分けてる和音1と和音2で、音が隣り合わせ。

実際に聞いてみていただいたほうがわかりやすと思いますので参考動画。
1音・2音目に注意して聞いてみて下さい。
私としてはプッって音が詰まっている(途切れている)ように聞こえます。
使用楽器は鉄の歌リュート。
注:楽器によってはこれが起きないものもあります。
鉄のリュートや涼しげなリュートなど、ピアノでも若干この現象が聞き取れます。







L4O6ACDG , L4O6EEC-E

違いわかりますか?
この現象が起きる条件は不明ですが、よく起こる現象です。
ツールなど使っての視聴は問題なくAA内で確認してみないとわからないものですので
視聴した際、意識して聞いて下さい。
細かい話、ぶっちゃけ気が付かないならこのままでも全然問題はありません。
音がズレてるとかそういう話でもなく、気になる方は気になる程度の現象です。

これの回避法は二つ
① 音を入れ替える。
メリット : 入れ替えるだけ
デメリット: V設定など細かくしていると入れ替えてしまうために
       その都度指定しなくてはならない。
       入れ替えてしまっているので、書きミスしているとわかりにくくなる。


例 : プッって鳴る方 → L4O6AEDG , L4O6ECC-E
     入れ替えた方 → L4O6ACDG , L4O6EEC-E



② 休符を入れる 
メリット : 楽譜みたままで入れ替えとちがってV設定とかもそのまま。
デメリット: 文字数を使う。

例 : L4O6AEDG , L4O6E8.&E32.R64CC-E

無題49.png

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック